我が流特別な注文住宅

注文住宅で後悔しないコツ

注文住宅は、自分で設計できる自由度が高い分、決めることが多くて本当にこだわりたかった肝心なところが抜けていたりと、あとから後悔するケースが多々あります。
住宅を建ててから後悔しないように、間取りやインテリアを考える前に、時間をかけて自分たちがこだわりたいところをピックアップしてノートなどにまとめておきましょう。アイディアを出すためには、たくさんの住宅を見て回って、アドバイスを聞くのがおすすめです。
特に、家の形や間取りは、建ててしまったら簡単には変えることができません。そのため、しっかりと考えて決めるようにしましょう。
太陽光発電を設置する予定の方は、屋根の角度や方向をよく考えて設計をすることをおすすめします。

窓で他の住宅と差を付けよう

注文住宅を設計するときに、特に重視しなければならないのが、窓の位置です。窓は家の中に日光を取り入れたり、風の通り道になる住宅の大切な要素です。外から中が見えるというところでも、よく位置を考えておかなければなりません。
近年では窓の性能が上がり、寒い地域でも窓を多く取り付ける家庭が増えてきています。防寒性が優れていて、窓に水滴がつきにくい窓も多く販売されています。寒い地域の方は、窓枠に固定して開かないようになっているフィクスの窓を活用することで、開放感のある明るい空間を演出することができるのでおすすめです。
また、インテリア的な窓を設置するのもテクニックです。リビングに小さい窓をたくさんつけて、小物置き場にするのも素敵ですね。